国鉄58系気動車の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>国鉄58系気動車>国鉄58系気動車の26ページ目

国鉄58系気動車とは?




キハ58形冷房化改造未施工車
 1・4・7・11・15・17・18・22・28・29・37・38・49・65・67・87・97 - 100・105・107・108・112・115・127・156 - 160・175・201・205・206・217・225・226・242・256・258・270 - 273・278 - 285・294・413・416 - 419・432・434 - 436・440 - 442・452 - 454・458 - 462・466・469・471・475・480・481・483 - 500・507・509・511 - 513・515・519 - 521・524 - 536・543 - 552・561・565 - 568・580 - 584・588・590・603・604・611・612・615・617・618・620・621・627・629 - 637・643・651・681・692 - 695・699・704・707 - 709・711・712・732・735・736・739 - 748・758・760 - 763・766・778 - 782・789・790・798・801 - 819・1000・1002・1011・1040・1124・1130・1501・1503・1504・1506 - 1516・1518 - 1526・1528 - 1531・1533・1534
キハ28形冷房化改造未施工車
 2000番台改造未施工車一覧を参照。

2000番台(4VK冷房用発電装置搭載車)

上述の状況から、新たに自車を含めて3両分の冷房電源の供給が可能となる4VK冷房用発電装置[注 26]が開発された。
 機関 - ダイハツディーゼル製V型8気筒4VK形ディーゼルエンジン(90PS)
 発電機 - DM83形発電機
 発電能力 - 三相交流440V・70KVA
本装置は、走行用エンジン2基搭載のキハ58とキロ58には搭載不可能なために一部のキハ28[注 27]・キロ28に搭載され、搭載車は原番号+2000の車番に区分された。
ただし、以下の例外がある。
 キハ28 1505 - 1510:中央本線用のキロ58が2エンジン車で4DQ発電装置を搭載することができないことから、新造時から4VK発電装置が搭載された。
1971年に自車も冷房化されたため2505 - 2510に改番。
 キハ28 5200番台:キロ28 2000番台格下げ改造車もしくはキハ28形5000番台に4VK発電装置を改造搭載した区分。
搭載施工車は以下を参照。
 キロ28形搭載車は各番台区分#0番台車#長大編成対応車#モデルチェンジ車)を参照。
 キハ28形は搭載車が圧倒的主流となったため搭載工事が施工されなかった車両を示す。
なお、この書体は冷房化改造工事も未施工の車両である。

 17・23・24・34・38・52・54・57・62・64 - 66・71・72・75・82・83・84・108・116・117・122・123・150・154・156・173・178 - 182・189・190 - 192・194・307・332・334 - 339・347・348・354・357・358・361・368・369・373 - 376・378・388・390・399・400・402 - 405・415・416・421 - 425・428・439・440・451・454・455・468 - 474・494・501 - 504・801 - 813

改造による問題点

4VK電源装置の開発で本系列の冷房化は一定の進展をみたが問題点もあった。
 全車両を冷房化するには3両に1両の割合で走行エンジン1基搭載の4VK電源装置を連結する必要があるが、車両側に冷房装置が搭載されていても編成組成によっては冷房装置を稼動できない場合もある。
編成A
キハ58冷房車(A)キロ282000番台キハ58非冷房車キハ58冷房車(B)
4VK(A)から給電 
 4VK(A) 

 編成Aでは4両中3両が冷房車なので冷房電源容量的には確保できるが、中間に挟まれた非冷房車には冷房装置制御ならびに電源供給用ジャンパ連結器が装備されていないためキハ58冷房車(B)の冷房は稼動不可となる。

楽に探せる!楽ワード

ページ(26/132)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「国鉄58系気動車」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「国鉄58系気動車」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio