国鉄58系気動車の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>国鉄58系気動車>国鉄58系気動車の24ページ目

国鉄58系気動車とは?





ウィキペディア目次へ
改造・更新

キハ58系の改造工事には多種多様なものがあるが、この項では国鉄時代・JR化後各社で行われた大きな改造・更新工事について解説を行う。
国鉄時代

冷房化

国鉄の列車冷房は1960年代前半まで特急列車や一部の食堂車(ビュフェを含む)などの優等車両に限って装備されていたが、急行列車では1等車が1963年から、2等車が1968年から順次冷房化が実施された。
本系列では、1963・1964年に九州地区に配置されていたキロ28 26・53・54・62・65の5両に小倉工場(現・小倉総合車両センター)で45PSのバス・トラック用4気筒ディーゼルエンジンにより直接圧縮機を駆動する方式のBAU102形冷房装置を床下に搭載する改造を施工し試験を行った。
 本方式は改造コストが低いものの後に故障が多発するなどの諸問題が発生したために不採用となり[注 22]、試験対象車両は1968年に全車AU13形への取替えが施工された。
この結果、キロ28・58形の冷房改造は特急急行形電車などと同様に三相交流電源による分散式冷房装置を屋根上搭載する方式を採用した[注 23]
 このため大容量交流電源が必要となるが、気動車の走行用エンジン付属のオルタネーター発電機)は、機関始動・制御・保安・照明・放送などの電力量を確保する程度しか考慮されておらず、エンジン性能的にも大容量・高負荷の発電機を駆動する余力はない。
キロ26・27・28の非冷房車・冷房準備車は順次改造で、新製車は当初から、冷房装置と小型軽量の三菱日本重工製4DQ-11P形ディーゼルエンジンとDM72形発電機をセットで搭載し、自車1両分の冷房電源を確保した。
 ただしキロ58形では冷房装置のみ搭載で発電装置の搭載は見送られた(詳細は後述)。
2等車では、本格冷房化改造を前にした1968年に以下の簡易冷房化が山陰・四国地区配置のキハ58形で実施された。
 通常は20m級1両あたり5 - 6基搭載を標準とするAU13形3基搭載とする。
 電源はキロ28形の4DQ発電装置から給電されたが、電源容量が不足するためキロ28形ではAU13形6基中2基を使用停止とした。
 施工工場により冷房装置の位置が異なっており、637を除いた車両への通常冷房車化改造(3基→7基)では、後藤工場ではそのまま4基を追加する施工をしたが、多度津工場では通常の冷房改造車と同じ位置に搭載する施工をした。
キハ58形簡易冷房改造施工車一覧
キハ58車両番号施工工場備考
540・637667・669後藤工場(現・後藤総合車両所637は試験終了後の通常冷房化改造未施工非冷房[注 24]に戻され1992年に廃車
221・279・576577・776・777多度津工場 


楽に探せる!楽ワード

ページ(24/132)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「国鉄58系気動車」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「国鉄58系気動車」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio