国鉄58系気動車の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>国鉄58系気動車>国鉄58系気動車の1ページ目

国鉄58系気動車とは?



ウィキペディア
キハ58系気動車(キハ58けいきどうしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1961年に開発した急行形気動車(ディーゼル動車)である。
1969年まで大量に増備され、1960年代から1980年代にかけて幹線ローカル線を問わず、日本全国で急行列車を中心に投入された。
なお、本項の「キハ58系」という表現は、同一の設計思想により製造された気動車を便宜的に総称したもので、制式のものではない。
広義には、北海道用の「キハ56系」、碓氷峠通過仕様(横軽・アプト区間対策車)の「キハ57系」を含むが、本項では、主に狭義の「キハ58系」について記述する。
具体的には、キロ28形キロ58形キハ28形キハ58形キユ25形の5形式およびこれらの改造車を指す。
また、本項では富士急行の自社発注車や他社譲渡車についても解説する。
目次

 1 概要
 1.1 開発の経緯
 2 キハ58系
 2.1 車両形式
 2.2 車体構造
 2.3 客室設備
 2.4 主要機器
 2.5 番号区分
 2.5.1 0番台車
 2.5.2 800番台車(修学旅行用)
 2.5.3 長大編成対応車
 2.5.4 末期増備車グループ
 2.6 キユ25形
 2.7 製造年・製造会社別一覧
 3 改造・更新
 3.1 国鉄時代
 3.1.1 冷房化
 3.1.1.1 2000番台(4VK冷房用発電装置搭載車)

楽に探せる!楽ワード

ページ(1/132)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「国鉄58系気動車」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio