嗚呼神風特別攻撃隊の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>嗚呼神風特別攻撃隊>嗚呼神風特別攻撃隊の1ページ目

嗚呼神風特別攻撃隊とは?



ウィキペディア
嗚呼神風特別攻撃隊(ああしんぷうとくべつこうげきたい)は、1944年10月25日に始まったレイテ沖海戦以降の神風特別攻撃隊の攻撃戦果[1]を称えるために作られた軍歌[⇒『要出典』]
概要

神風特別攻撃隊による大戦果報道[2]を受け、野村俊夫作詞、関裕而作曲により作成され春日八郎の歌唱で1944年11月にラジオ報道歌謡として全国に流された[⇒『要出典』]
2000年6月7日にキングレコードよりリリースされたCDアルバム『20世紀の音楽遺産~軍歌(5)IMMORTAL WAR-TIME SONGS』の18曲目に収録されている[3]ほか、同じくキングレコードリリースの『軍歌〜昭和編〜』にも春日八郎およびボニージャックスの戦後再録版が収録されている[4]
歌詞

1966年に作詞者である野村俊夫が死去したことにより[5]作者死後50年が経過し2016年12月31日に歌詞の著作権保護期間が満了した
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「嗚呼神風特別攻撃隊」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio