嗚呼栄光の甲子園の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>嗚呼栄光の甲子園>嗚呼栄光の甲子園の1ページ目

嗚呼栄光の甲子園とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
嗚呼栄光の甲子園』(ああえいこうのこうしえん)は1990年タイトーから発売されたアーケードゲームである。高校野球を題材としたコミカルタッチの野球ゲームで、出場校は架空である。
同社のアーケード版野球ゲームは「草野球」以来5年ぶりである。

目次


ウィキペディア目次へ
ゲーム概要

8方向レバー、3ボタンで操作する。
ゲームを始めると13チームのうち、1チームを選択する。
勝てば次のラウンドへ進める。
準々決勝→準決勝→決勝の順に進んでいく。
決勝で勝てばエンディング、負けるか続けずに中断させるとバッドエンディングとなりゲームは終了する。
このゲームは1プレイにつき3イニングまでしかできないため、ゲームを続けるためにはクレジットの追加が必要で、例えば1回100円のゲームセンターの場合エンディングまで持っていくには最低でも900円はかかる。
投手の他、打者にもスタミナの概念があり空振り、秘打を使うことで消費される。

ウィキペディア目次へ
備考

球場は1990年当時の阪神甲子園球場がモデルとなっているため、ラッキーゾーンが存在する。
また、看板には過去に出されたタイトーの自社開発作品(アーケード作品のみ)が多く掲げられている。
1990年当時のルールが元になっているため、1チームの選手数は15人となっている。
また、守備交代で野手を投手として登坂させることもできる。
各選手の顔データはモンタージュ方式で顔の各パーツの組み合わせで作成されているため、ほぼ同じ顔の選手が何人か存在する。
また、エンディングのスタッフロールからもわかるように、北海道代表と東北代表の選手名は開発スタッフの名前(名字のみ)をそのまま使い、顔データも似た顔に近づけている。
ゲーム開始前にあるスポーツニュースの画面には、みのもんた福井敏雄に類似したキャラが登場する。
特に後者は「副胃」という名前があり、喋り方も本家そのものである。
それに伴い天気の概念があり、途中で雨が降ったり、大雨の悪天候の中で試合を行う要素がある。

ウィキペディア目次へ
出場高校

ウィキペディア目次へ
移植作品

楽に探せる!楽ワード

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「嗚呼栄光の甲子園」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio