合 (天文)の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>合 (天文)>合 (天文)の1ページ目

合 (天文)とは?



ウィキペディア
(ごう、conjunction)とは位置天文学占星術において、二つの天体がある観測点(通常は地球)から見てほぼ同じ位置にある状態を指す言葉である。
特に太陽系天体の場合には、地球から見てある天体が太陽とほぼ同じ位置にある状態を指す。
後者の合は厳密には、その天体と太陽の地球から見た黄経の差が0度となる瞬間として定義される。
内惑星の合は内合外合に分けられる。
合を表す記号は ☌(Unicode: 0x260c)(画像: ⇒ )である。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/5)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「合 (天文)」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio