受領名の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>受領名>受領名の1ページ目

受領名とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
受領名(ずりょうめい)は前近代の日本において、主に武家神職などの通称仮名)として用いられた、非公式な官職名のこと。

目次


ウィキペディア目次へ
朝廷・寺院の授ける受領名

京都においては、朝廷御所寺院の用をはたす商工業者や芸能者に限り、家格や家業に箔をつけさせるため、金品次第により守、介、掾などの受領名を授け、特権的立場を与えた。
受領名を有する商工業者が扱う商品は、ブランドとしての附加価値が認められ、同じ業種の職人がつくった商品の中でも、破格の値段で取引される。
こうしたことから、多くの業者が自身の名誉と商売繁盛を期して受領名を求めた。
特に戦乱に疲弊し、武家に荘園を横領されてきた朝廷や寺院にとり、官位や受領名の授与は、貴重な収入源でもあった。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「受領名」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio