低体温症の解説頁です。 Weblio辞書辞典>スポーツ>ダイビング用語>低体温症>低体温症の1ページ目
「低体温症」とは
辞書を選択できます:

低体温症とは?



ダイビング用語
読み方ていたいおんしょう
(=ハイポサーミア身体の体温周り水温よりも高い所でダイビングすると、体温によって急速に奪われる
このとき身体体温一定に保とうとしてどんどん熱を放出する。このように熱を放出することにより、体温低下コントロールを失った状態を低体温症という。症状としては震え筋力低下痛みなど。
さらに正常な思考力喪失恐怖感からパニック陥ったり、溺れたりすることもある。水中で熱を損失する速度スーツ種類体型などによるが、予防としてはじゅうぶんな保温効果のあるダイビングスーツを選ぶこと、体温を保つのに必要なだけの栄養分摂取しておくこと、など。

(提供元:ダイブネット)

ページTOP▲

ウィキペディア
Hypothermia
ロシア遠征時に凍死したナポレオン軍の兵士
分類および外部参照情報
診療科・学術分野救急医学
ICD-10T⇒『68
ICD-9-CM⇒『991.6
DiseasesDB⇒『6542
⇒『eMedicine⇒『med/1144
⇒『Patient UK⇒『低体温症
MeSH⇒『D007035

注目の情報

ページ(1/11)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「低体温症」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio