マンフレート・ロンメルの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>マンフレート・ロンメル>マンフレート・ロンメルの1ページ目

マンフレート・ロンメルとは?



ウィキペディア
マンフレート・ロンメル(Manfred Rommel、1928年12月24日 - 2013年11月7日[1])はドイツ政治家
所属政党はドイツキリスト教民主同盟(CDU)。
長年にわたってシュトゥットガルト市長を務めた。ドイツ陸軍元帥エルヴィン・ロンメルの息子。
経歴

1928年、エルヴィン・ロンメルの長男としてシュトゥットガルトに生まれる。
14歳のときに空軍補助員(⇒『en』)となり、ある高射砲中隊に配属された。
マンフレート自身は武装親衛隊への入隊を計画していたが、父に禁止された[1]
父がヒトラー暗殺計画への関与を疑われて自殺を強いられた後、マンフレートはフランス軍へ投降した。
1947年アビトゥーアに合格しテュービンゲン大学法学政治学を学ぶ。
卒業後の1956年バーデン=ヴュルテンベルク州政府に就職、1959年に参事官に昇進しハンス・フィルビンガー内相の秘書となる。1971年、同州財務省大臣官房長に転じのち次官に就任。
1974年ドイツキリスト教民主同盟(CDU)の候補として故郷・シュトゥットガルトの市長選挙に出馬、58.9%の得票率で当選した。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/2)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「マンフレート・ロンメル」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio