ツァボの人食いライオンの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ツァボの人食いライオン>ツァボの人食いライオンの2ページ目

ツァボの人食いライオンとは?




ツァボの人食いライオン(ツァボのひとくいライオン、: Tsavo Man-Eaters)は、1898年3月から同年12月にかけてイギリス領東アフリカ(現:ケニア)のツァボ川付近で発生した2頭のライオンによる獣害事件である。
ケニア-ウガンダ間のウガンダ鉄道敷設によるツァボ川架橋工事中に人食いライオンが現れ、少なくとも28名の労働者が犠牲になった[1][2][3]
2頭は鉄道現場総監督のジョン・ヘンリー・パターソン(⇒『en:John Henry Patterson (author)』)[注釈 1]によって射殺され、後に剥製となってシカゴフィールド自然史博物館に展示された[2][6][7]
この事件を題材にして、映画『ゴースト&ダークネス』や戸川幸夫の小説『人喰鉄道』などが作られた[8][2][7][9]
パターソン自身も、事件についての実録『The Tsavo Man-Eaters』(⇒『en:The Man-eaters of Tsavo』)を出版している[9][5]
なお、記事内における固有名詞等の表記は『世界動物文学全集 29』(講談社)所収の『ツァボの人食いライオン』(パターソン著、大岩順子訳)に拠った。
注目の情報

ページ(2/60)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「ツァボの人食いライオン」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「ツァボの人食いライオン」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio