キミ・ライコネンの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>キミ・ライコネン>キミ・ライコネンの8ページ目

キミ・ライコネンとは?




その後もじわじわと順位を上げ38周目のジャンカルロ・フィジケラのピットストップと、41周目のジェンソン・バトンのピットストップによりトップに立つが、残り8周でのピットインによって、首位をジャンカルロ・フィジケラに明け渡し2位に後退する。
しかし1秒以上速いペースで追い上げその差を取り戻し、ファイナルラップの1コーナーでフィジケラをアウトからオーバーテイクし優勝を果たす、というレースを展開した。[3]
決勝後の記者会見では「今日のレースは間違いなく僕のベストレースに入るだろうね」と語った。
5回のポールポジション獲得や、10回のファステストラップ獲得[4]、7回の優勝を飾るなどの活躍を見せ、ルノーのアロンソと激しいチャンピオン争いを繰り広げたが最終的に及ばず、ランキング2位でシーズンを終えた。
シーズン7勝は、チャンピオンのアロンソと並び2005年シーズンの最多勝である。
また、ワールドチャンピオンを獲得できなかったドライバーがそのシーズン中に挙げた勝利数としては最多タイ記録となるものである[5]

2006年

⇒『
2006年
楽に探せる!楽ワード

ページ(8/41)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「キミ・ライコネン」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「キミ・ライコネン」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio