キミ・ライコネンの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>キミ・ライコネン>キミ・ライコネンの21ページ目

キミ・ライコネンとは?




2011年9月ごろから、ウィリアムズのファクトリーにライコネンが訪問したことから2012年シーズンよりF1へ復帰する可能性が囁かれ[15]、実際に交渉も行われていたが[16][17]決裂した。
アブダビグランプリ直前からロータス・ルノーGPと交渉を開始すると話はすぐにまとまり[18]、2011年11月29日にロータス・ルノーGPよりF1に復帰することが公式に発表された[19]
ロータス・ルノーGPは2012年からチーム名は「ロータスF1チーム」、コンストラクター名は「ロータス」に変更になったため、実際はロータスからのF1復帰となった。
F1ほどメディアの圧力が強くないラリー界に馴染んでいたと思われていたため、F1への復帰は意外な決断と受け止められた(友人のトニ・ヴァイランダーも「F1に心底うんざりしていて、“2度とやらない”とずっと言っていた」と述べている[20])。
本人は復帰の理由について「NASCARに出て以来、他のドライバーとバトルをしたいという気持ちがどんどん強くなっていった。
ラリーは時計との戦いだからね」と語った[21]
しかし、2010年に現役復帰したミハエル・シューマッハが苦戦しており、2年間のブランクがあるライコネンには多くを期待できないという意見もあった[22]

ロータス時代

2012年


楽に探せる!楽ワード

ページ(21/41)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「キミ・ライコネン」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「キミ・ライコネン」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio