キミ・ライコネンの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>キミ・ライコネン>キミ・ライコネンの19ページ目

キミ・ライコネンとは?




ラリー・ドイチュラントでは3戦ぶりのポイントを獲得し、市街地で行われた最終SS(SS19)では初のWRCステージ優勝を果たした。ラリー・ジャパン後、ラリー・フランスに備えテストの為にターマックラリーであるフランスで開催のラリー・ヴォージュ (Rallye Vosgien) に出場し、ワークスマシンは他には出走しておらず有利な状況であったものの、全てのステージでトップタイムを記録してラリーでの初優勝を遂げた。
ターマックラリーで期待されたラリー・カタルーニャシェイクダウンでクラッシュしてしまい、次の日のラリー初日のスタートまでには修理不可能だった為、ラリーには参加せずリタイアした。ウェールズ・ラリーGBでは難しいラリーを走りきり、WRC最終戦をポイント獲得で飾った。

ICE 1 Racing(2011年)

⇒『
2011年ラリー・ギリシャ
2011年は自身のチーム「ICE 1 Racing」を立ち上げ、プライベーターとしてWRCに参戦した[11]
チームマネージャーには解散となったシトロエン・ジュニアチームのマネージャーであったブノワ・ノジェが就任した。
楽に探せる!楽ワード

ページ(19/41)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「キミ・ライコネン」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「キミ・ライコネン」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio