キミ・ライコネンの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>キミ・ライコネン>キミ・ライコネンの15ページ目

キミ・ライコネンとは?




第12戦ベルギーグランプリにおいて、ポールポジションからスタートしたフォース・インディアのジャンカルロ・フィジケラを、セーフティーカー導入後の再スタート時にKERSを使用してオーバーテイクし、フェラーリにとってシーズン初、ライコネンにとって2008年スペイングランプリ以来約1年4か月ぶりの優勝を得た。
WRCに転向

2010年、フェラーリは新たにフェルナンド・アロンソを迎えることを決め、多額の違約金を払ってライコネンとの契約を解除した。
その後マクラーレンと契約交渉を行ったがまとまらず、マクラーレンはジェンソン・バトンの獲得を発表した。レッドブル・レーシングトヨタF1との交渉もあったが、ライコネンのマネージャーであるスティーブ・ロバートソンは「F1での選択肢はマクラーレンだけだった」と語り、他チームからのF1参戦の可能性はなかったことを明らかにしている[8]
しかし、後にスティーブ・ロバートソンは「メルセデスはキミと契約したがった」と語ったが「だがその時には彼はすでにWRCに行くことを決めてしまっていた。
キミの決心は変わっていない」とも語り、既にメルセデスからのオファーは手遅れであったことを明らかにしている。[9]
そして2009年12月4日、本人からシトロエン・ジュニアチームから世界ラリー選手権 (WRC) に参戦することを発表した。
契約期間は1年[10]
楽に探せる!楽ワード

ページ(15/41)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「キミ・ライコネン」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「キミ・ライコネン」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio