キミ・ライコネンの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>キミ・ライコネン>キミ・ライコネンの13ページ目

キミ・ライコネンとは?




更に第8戦フランスグランプリでは首位を快走していたが、エキゾーストの破損によりペースが下がり、2位に終わった。
第12戦ヨーロッパグランプリから第15戦シンガポールグランプリまでトラブルやミスが相次ぎ4戦連続ノーポイントに終わっている。
これが影響し、第16戦日本グランプリを終えてタイトル防衛の可能性は消滅した。
第17戦中国グランプリではハミルトンとタイトルを争うチームメイトのフェリペ・マッサを先行させ、最終戦ブラジルグランプリにおいてもチームプレーに徹し、2年連続のコンストラクターズタイトルに貢献した。
ドライバーズタイトルではロバート・クビサと同点であったものの、優勝回数で上回り3位でシーズンを終えた。
タイトル連覇は逃したものの、レース中には速さを見せた。
第4戦スペイングランプリから第9戦イギリスグランプリまで6戦連続でファステストラップを獲得[6]、年間10回のファステストラップを獲得[7]した。

2009年


注目の情報

ページ(13/41)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「キミ・ライコネン」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「キミ・ライコネン」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio