キミ・ライコネンの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>キミ・ライコネン>キミ・ライコネンの11ページ目

キミ・ライコネンとは?




第6戦カナダグランプリ・第7戦アメリカグランプリでもマクラーレンの連勝を許し、ランキング首位のルイス・ハミルトンとのポイント差は26となった。
第8戦フランスグランプリ、第9戦イギリスグランプリを連勝してポイントを挽回した。
第14戦ベルギーグランプリにおいてはポールトゥーウィンを果たし、スパ・フランコルシャン3連覇を記録した。
しかし、ハミルトンとの得点差は残り2戦で17ポイントと依然として大きく、ライコネンのタイトル獲得の可能性は最終戦を待たずして消滅する可能性が高かった。
ところが第16戦中国グランプリでハミルトンがリタイアし、自身が優勝したことによりかろうじて望みは繋がれた。
そして最終戦ブラジルグランプリにて予選3位から優勝を果たし、ハミルトンが7位、アロンソが3位に終わったためランキング3位から逆転で初の年間総合優勝を獲得した。
最大26ポイント差を跳ね返す、F1史上最大の逆転劇であった。
ライコネンは中盤から最終戦まで7連続表彰台を獲得し、安定してポイントを獲得したこともチャンピオンに輝いた1つの要因となった。
この年のチャンピオン争いは最終的に1位ライコネン110ポイント、2位ハミルトンと3位アロンソが109ポイントと、1位から3位までの差が1ポイント差という史上初の接戦であり、さらにシーズン最終戦まで三つ巴の争いが続くというF1史上でも稀に見る激戦であった。

2008年


楽に探せる!楽ワード

ページ(11/41)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「キミ・ライコネン」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「キミ・ライコネン」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio