カルパチア_(客船)の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>カルパチア_(客船)>カルパチア_(客船)の1ページ目

カルパチア_(客船)とは?



ウィキペディア
カルパチア(RMS Carpathia)は、キュナード・ライン社の外洋客船。
処女航海は1903年1912年4月のタイタニック号遭難事件で生存者の救助に当たったことで有名である。
目次

 1 船歴
 1.1 就航
 1.2 タイタニック号事件
 1.3 沈没
 2 脚注
 3 参考文献
 4 外部リンク
船歴
就航

カルパチアはイギリスニューカッスルのスワン・ハンター造船所で建造された。1902年8月6日に進水し、1903年4月22日より公試を開始。4月25日に終了した。
船名はカルパチア山脈に由来。
1903年5月5日リバプールからアメリカ合衆国ボストンに向けた処女航海に出発した。
その後はニューヨークトリエステ地中海諸港間を結ぶ航海に従事していた。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/4)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「カルパチア_(客船)」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio