カシュブ語の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>カシュブ語>カシュブ語の1ページ目

カシュブ語とは?



ウィキペディア
カシューブ語(kaszëbsczi jãzëk)は、スラヴ語派西スラヴ語群ポメラニア語(⇒『英語版』)に含まれる言語。
言語コードはISO 639-2 csb。
ポメラニアバルト海沿岸の地域にいたカシューブ族の言語から発展したと考えられている。
現代ポーランド語とも親近関係にあり、低地ドイツ語の東方方言、ポラーブ語プロシア語から影響を受けている。
一般的には独自の言葉と解釈されており、しばしポーランドの言語学者には、カシューブ語をポーランド語の方言と考えるものもいるが、ポーランドでは少数民族の言語と認知されている。
現在、ポーランド北部のポモージェ地方、ドイツ北東部のメクレンブルク=フォアポンメルン州および、移民先のカナダにあわせて20万人の話者がいる。
2002年の国勢調査では、5万3千人が家庭ではもっぱらカシューブ語を使用するとしている。
公用語ではないが、ポモージェ地方の一部の郡では公式の場で使用される。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/7)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「カシュブ語」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio