エルヴィン・ロンメルの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>エルヴィン・ロンメル>エルヴィン・ロンメルの100ページ目

エルヴィン・ロンメルとは?




脚注
注釈
^ ファーストネームのErwinは日本語では「エルウィン」「エルヴィン」と表記される事が多い。
より実際の発音に近く「エアヴィン」、英語読みで「アーウィン」とカタカナ表記されることもある。
姓のRommelは、実際の発音は「ロメル」に近い。^ 当時のドイツ帝国軍では、士官候補生をいきなり士官学校に入学させず、まず野戦部隊に配属することで、下士官や兵士と一緒に寝起きを共にさせていた。
これは、ナポレオン戦争の時に露呈したプロイセン軍の将校と下士官・兵士の相互不信の問題を解消するためである。
この部隊勤務に馴染んだ者だけが、士官学校へ進むことが許可された[24]^ ベイジル・リデル=ハートによるとロンメルの第7機甲師団の戦車総数は218両という[153]^ ロンメルはアラスの戦いで「III号戦車6両」を失ったと書いているが、恐らく38(t)戦車の間違いである[216]^ 迂回戦術とは敵陣地正面から歩兵が助攻撃をして陣地内の敵部隊を拘束しつつ、その間に主力の機甲部隊が敵陣地の後方に回り込み、戦闘を継続するのに必要な後方連絡線を遮断し、敵部隊が敵陣地から出てくるよう差し向ける戦術である。
敵が入念に準備しているであろう敵陣地内での決戦を避け、陣地外での決戦を強要するのに有効な戦術である[284]^ 一翼包囲戦術とは迂回戦術が取れない場合に使用する戦術である。
敵陣地の中では防御力が弱い部分である側面部分(この側面部分のことを一翼と称している)に主力の機甲部隊が攻撃を加え、そのまま側面部分を通って敵中枢や補給拠点に攻撃を加える戦術である。
ただし敵が入念に準備しているであろう地域内での戦闘になるから迂回以上に歩兵の助攻撃がしっかりしていないといけない[284]
注目の情報

ページ(100/141)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「エルヴィン・ロンメル」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「エルヴィン・ロンメル」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio