アイ (聖書)の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>アイ (聖書)>アイ (聖書)の1ページ目

アイ (聖書)とは?



ウィキペディア
アイヘブライ語:העי‎)は旧約聖書に登場するベテルの東にあった、カナン人の町である。
アイはベテルと対になって登場することが多い。
アイとベテルはその間にある山によってつながれて一続きになっていたと考えられる。ウィリアム・オルブライトは「ふたごの町」と呼んだ。
ヨシュア記における、ヨシュアカナン征服の時は人口が12000人であった。
ヨシュアはカナン侵攻後にエリコの次にアイを攻撃したが、アカンの罪とイスラエルの民に生じた思い上がりのためにアイ攻略に失敗した。
アカンの罪を取り除いた後に、身を清めて、神の命令によって再度のアイ攻略を試みて成功し、王以下住民は皆殺しにされた(聖絶)。
場所

1938年にロビンソンが、現代のヨルダン川西岸地区のベイティンの東3kmにあるエト・テル(⇒『Et-Tell』)であると提唱して以来、学者により広く受け入れられてきた。
さらに、ウィリアム・オルブライトの発掘によってもそれが確証された。
参考文献
関連項目

⇒『』・話・⇒『』・⇒『
旧約聖書の町
アシェル族】: ツロカナアフェクアコハモンハロシェテ
ナフタリ族】: ケデシュハツォルキネレテハマテ
ゼブルン族】: リモンヨクネアムガテ・ヘフェルシムロンサリデ
マナセ族】: アシュタロテアフェクイブレアムエン・ドルゴランサマリヤバシャンベテ・シェアン(ベテ・シャン)|ラモテ・ギルアデ
イッサカル】: イズレエルエン・ガニムシュネム
ガド族】: ヤベシュスコテペヌエル
ルベン族】: キルヤタイム
エフライム族】: アフェクシロラマ
ダン族】: エアリムエクロンエロンギベトンシャアルビムツォルアダンヤッファ
ベニヤミン族】: アドミムアヤロンアルモンエリコギブアギブオンギルガルベテルミツパラマ
ユダ族シメオン族】: アロエルエルサレム(アリエルサレムシオン)|ガザソコベエル・シェバベツレヘムテコアネゲヴラキシュリブナヤグル
レビ族】: アナトテ(ベニヤミン族)|アブドン(アシェル族)|シェケムマハナイム
バビロン捕囚】: ダマスカス
逃れの町】: ケデシュゴランシェケムベツェルヘブロンラモト
カナン人】: アイゲゼルザレパテ
ペリシテ人】: アシュケロンアシュドッドガザゲラルホロン
アラム人】: ダマスカス
モアブ人】: メデバ
周辺民族】: アモン人モアブ人エドム人エモリ人ヘテ人(ヒッタイト)|ペリシテ人
関連項目】: ⇒『聖書の地理』|聖書に登場する地名一覧


注目の情報

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「アイ (聖書)」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio