アイアングランマの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>アイアングランマ>アイアングランマの1ページ目

アイアングランマとは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
アイアングランマ』は、NHK BSプレミアム「ザ・プレミアム」枠で放送されていたテレビドラマ
全6回。2015年1月10日から2月14日まで、毎週土曜、22:00 - 22:49放送。
元特殊捜査官の「おばあちゃん」二人が繰り広げる、アクションコメディーがちりばめられたドラマ。

目次


ウィキペディア目次へ
あらすじ

塩谷令子(大竹しのぶ)は、60代で、私立学校のダメな男性経営者と付き合い、理事になったおばあさん。
佐藤直美(室井滋)も60代の女性、平凡な家庭のおばあさんで、小学生の孫がいる。
何の接点も無い生活を送っている二人であるが、令子が新入生の親向けの説明会で理事として説明をしはじめると、そこに直美が保護者として来ていた。
直美の孫が、令子の経営する学校に入学してきたのである。
互いの姿を見て一瞬 妙な目つきになる二人。
だが学校の経営者と子供の保護者として会話をする二人。
二人はどちらもただの平凡な「おばあちゃん」なのだが、実は、令子と直美は、外交関連の諜報活動の特殊捜査官であった過去を持っていた。
二人ひと組でまるでスパイ映画に登場するスパイのような捜査活動を行い、「ソルト&シュガー」というコードネームまで持っていて、その世界で「ソルト&シュガー」と言えば知らぬ者はいないほどの凄腕の二人、一緒に戦った戦友だったのである。
ただし、最後に特殊活動を行ってからブランクがすでに20年にもなっていた。
令子のパートナーのダメ男も、直美の娘夫婦も孫も、二人にそんな凄い過去があったなどということは全然知らずにいた。
平凡な人間のフリをして一般社会に溶け込んで周囲の人々をうまく欺いて暮らしていた二人が、20年ぶりにひょんなことで再会してしまったのである。
二人は人の眼がある場ではとりすましていたが、後に二人きりになると、ひさしぶりに再会したというのに ひどく毒舌で意地悪な言葉を浴びせあって(=意地悪ばあさん)、険悪な雰囲気になるばかりであった。
ところで、平凡なおばあちゃんに見える二人ではあるが、令子のほうは自分が経営に参加している私立学校で、ちょっとしたプロジェクトをネタにして公的助成金を引き出し、ちゃっかりその金を「抜いて」私腹を肥やそうとたくらんでいた。
が、もしも学校で不祥事が起きたら助成金は出せない、と担当の役人から釘をさされ、その点には気を揉んでいる状態だった。
直美のほうも、平凡そうでも孫が小学校に馴染めず登校拒否ぎみで、心を痛めていた。
元特殊捜査官と言っても、それなりにおばあちゃんらしい悩みがあるのだ。
ある日、直美の隣に引っ越してきた3人家族(夫婦と、小学生の娘)と直美の家族が親しくなり、孫はその娘と友達になり、ちょうどその女の子が孫と同じ学校に通うことになり、それをきっかけとして孫は学校へ行くことが好きになり、直美はおばあちゃんとして心から喜んだ。
数日後、直美は家事をしているが、隣の家の付近の路上に車が停車したもののそれが妙な気配を伴っていることに気づく。
元特殊捜査官の研ぎ澄まされた感覚が、普通の人なら気付くことができないようなかすかな異常のしるしまで感じ取ったのだ。
すかさず不審者の手掛かりを記録し、かつての特殊捜査の人脈を使いそれを調査させた結果、隣家の主人が実は機密情報を某国に売ろうとしており、その件で一家が狙われ拉致される可能性が高まっていることを知る。
このままでは、隣の家の娘も拉致されるなど危害が加えられ学校に通えなくなる。
そうなると、その娘のおかげでせっかく学校に通えるようになった直美の孫は、ふたたび登校拒否になってしまう、ということに気づき、愛しい孫のために隣の一家を守ろうと考える。
令子は令子で、もしも学校の生徒や家族が拉致されるなどの事件が起きたらそれが不祥事と見なされせっかくの助成金がもらえなくなってしまうと気付き、生徒の一家を守る必要を感じた。
こうして二人の利害が一致した。
二人は20年ぶりに「ソルト & シュガー」を再結成し、新たな戦いに挑んでゆく...

ウィキペディア目次へ
キャスト
塩谷令子
演 - 大竹しのぶ
私立学校の理事をしている。
実は元特殊捜査員で、コードネームは「ソルト」。
佐藤直美
演 - 室井滋
平凡な家庭のおばあさん。
実は元特殊捜査員で、コードネームは「シュガー」。
七味平四郎
演 - 加藤晴彦
塩谷と佐藤のかつての後輩。
あだ名は「七味」。
時田
演 - 柄本明
元特殊捜査組織の男、情報提供屋。
二階堂宗典
演 - 羽場裕一
私立学校のダメ経営者。
令子のパートナー。
佐藤朋美
演 - 木乃江祐希
直美の娘。
佐藤満寿夫
演 - 蟹江一平
朋美の夫。
佐藤裕太
演 - 二宮慶多
直美の孫。
満寿夫と朋美の息子。
高梨洋一朗
演 - 筒井道隆
直美の隣家の主人。
機密情報を某国に売ろうとしている。
(第1・2話)
高梨さつき
演 - 林田麻里
洋一朗の妻。
(第1・6話)
高梨チカ
演 - 信太真妃
洋一朗とさつきの娘。
裕太の友達。
小野寺富貴夫
演 - 吉家章人
工作員。
古畑冴美
演 - コトウロレナ
工作員。
(役名不明)
演 - 神戸豊
工作員。
三橋
演 - 康喜弼
令子・宗典の小学校の教頭。
(役名不明)
演 - 梅舟惟永
令子・宗典の小学校の教師。
裕太の担任。
花岡考晴
演 - 大塚ヒロタ
令子・宗典の小学校の教師。
(役名不明)
演 - 安藤聖
令子・宗典の小学校の教師。
(第1・2・5話)
辻政夫
演 - 西村元貴
バーの店員。
野田
演 - 野間口徹
教育省の役人。
(第1話)
下平純子
演 - 粟田麗
令子・宗典の小学校の転校生の母親。
(第1話)
青島奈々
演 - 森田涼花
女子大生。
運び屋。
(第3・4話)
(役名不明)
演 - 井坂俊哉
青島奈々を襲った女装男。
(第4話)
草野
演 - 二階堂智
ピンクトラップの標的となった企業の副社長。
(第4話)
桑原茂
演 - 日向丈
草野の会社の専務。
女装男の雇い主。
(第4話)
駒井安子
演 - 神野三鈴
令子の小学校に赴任したカウンセラー。
(第3~6話)
(役名不明)
演 - 時任三郎
令子を乗せたタクシー運転手。
(第3話)
(役名不明)
演 - 越村友一
おとりの運び屋。
(第3話)
犬飼
演 - 加藤雅也
風雲文芸社の編集者。
(第3・4話)
亜里砂
演 - 尾藤亜衣
青島奈々の友人。
犬飼の手先。
(第3・4話)
(役名不明)
演 - 太田彩乃
バーのタップダンサー。
(第2話)
柳沢
演 - 斎藤歩
国会議員。
柳沢雄星
演 - 岩田龍門
柳沢議員の息子。
令子・宗典の小学校の生徒。
小橋豊
演 - 永瀬匡
亜里砂の友人。
(第4話)
国実満
演 - 信太昌之
国会議員。
(第5・6話)
国実ミホ
演 - 国分佐智子
国実満の妻、元タレント。
(第5・6話)
水川八千代
演 - 梅沢昌代
国実ミホの実母。
(第5・6話)
中原昌江
演 - 高森ゆり子
料理研究家。
(第5話)
沢口大樹
演 - 橋爪颯良
裕太のクラスメイト。
礼央
演 - 佐藤和太
裕太のクラスメイト。
河本ライト
演 - 田代輝
裕太のクラスメイト。
関塚
演 - 矢柴俊博
探偵。
(第5話)
関谷桃子
演 - 関谷桃子
国実ミホの事故を伝えるリポーター。
(第5・6話)

楽に探せる!楽ワード

ページ(1/4)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「アイアングランマ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio