アイアムカミノマゴの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>アイアムカミノマゴ>アイアムカミノマゴの1ページ目

アイアムカミノマゴとは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
アイアムカミノマゴとは、日本中央競馬会 (JRA) に登録されていた競走馬である。
主な勝ち鞍は2010年阪神牝馬ステークス
馬名の由来は冠名+神の孫。

目次


1 経歴
2 引退後
3 競走成績
4 血統表
5 脚注
6 外部リンク

ウィキペディア目次へ
経歴

母アイアムザウィナーは馬主である堀紘一がTV番組「平成教育委員会」にて大川慶次郎と共演した際、大川より競走馬の購入を誘われたことから米国にて買付けされ、現役通算3勝ながら1995年フェアリーステークス4着、1996年クリスタルカップ5着など、21戦し入着19回という堅実な成績を残している。
アイアムカミノマゴ(以下カミノマゴ)はその第7子として2006年生誕、堀は「パーフェクト予想を何回もされた大川さんにとって孫のようなものだから"神の孫"と名づけました」と馬名の由来を語っている[1]
同馬は当初、美浦の杉浦宏昭調教師の管理馬として2008年にデビュー。
4戦2勝という結果を残した後、桜花賞を視野に入れ輸送競馬の負担を軽減すべく2009年春より栗東長浜博之厩舎へと転厩となる。
2歳時にはダートのみを使われていたカミノマゴだが3歳に入ってからはフィリーズレビューで2着、本番桜花賞では0.5秒差の6着と芝でも適性を示し秋には秋華賞へも参戦するも、距離延長に対応できず後方で折り合いを欠いたまま敗戦と結果を出し得ずに終わっている。
この内容を受けた陣営は同馬を短距離路線へと方向転換させ、その初戦となるオーロカップでは距離短縮や軽ハンデ等を評され[2]上位人気の支持の中、久々の勝ち鞍を挙げている。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/6)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「アイアムカミノマゴ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio