アイアタの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>アイアタ>アイアタの1ページ目

アイアタとは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
国際航空運送協会(こくさいこうくううんそうきょうかい、International Air Transport Association (IATA) )は世界の航空会社で構成される業界団体。
およそ120か国、約265社の航空会社が加盟し、世界の定期運航のうち約83%をIATA加盟加盟航空会社が占めている。
IATAは航空会社の活動を支援し、業界の方針や統一基準制定に寄与している。
本社としての登記はカナダ・モントリオールで、本社機構はスイス・ジュネーブに置いている。

目次

 1 概要
 2 歴史
 3 優先課題
 4 脚注
 5 関連項目
 6 外部リンク

ウィキペディア目次へ
概要

近年は「IATA」を「イアタ」(⇒『[aɪˈɑːtə][1])と読むが、古くは「アイアタ」と慣用読みするのが普通だった。2004年現在、カナダモントリオールスイスジュネーヴに本拠地がある。
会員数は250社を超える。1980年代以降は航空運賃の高止まりを画策するカルテル機関として批判される事も多く、格安航空会社などの新興航空会社は加盟しない事も多い。

ウィキペディア目次へ
歴史

IATAは1945年4月にキューバ・ハバナにて設立された。
設立時は31か国・57社の航空会社で構成され、業務の多くは技術的なものであった。
シカゴ条約附属書に基づき国際航空秩序の監視のための国際管理機構として国際民間航空機関(ICAO)の設立が合意されたが、IATAは多くの情報を提供した。
シカゴ条約はだれがどこを運航するのかという問題を整理することが出来なかったが、これは現在何千も存在する二国間航空協定を制定するきっかけとなった。
現行の二国間協定の基本になったのは1946年に締結された米英バミューダ航空協定である。
熾烈な航空券販売競争を抑制することになりかねないとIATA運賃に対して各国政府から指摘をうけたこともあったが消費者の立場を代弁したということも事実である。
最初の運送会議は1947年にリオデジャネイロで開催され、400もの決議が満場一致で可決された。
その後航空産業は目覚ましい成長を遂げ、IATAの業務範囲も拡大していった。
成長分野として観光旅行をとりあげるなど航空の新たなダイナミズムを活動の一環としていった。
柔軟な航空運賃設定は次第に重要性を増し、米国は1978年に規制緩和を行った。
近年IATAは航空業界を代表する存在としての地位を固め、いくつかの重要なプログラムを展開し、危機的な事件が起きるたびに各国政府へのロビー活動を展開している。
その影響力にもかかわらず、IATAは立法権限をもたない業界団体である。

ウィキペディア目次へ
優先課題

安全
安全はIATAの最優先事項である。
IATA Operational Safety Audit (安全運航監査:IOSA)は安全運航に必要なプログラムであり、IOSA取得を航空会社に義務化している国もある。
将来的にはさまざまなソースから提供されているGlobal Safety Information Centre(安全情報センター)とのデータ共有が検討されている。
保安
スマートセキュリティプロジェクトは、搭乗客の負担を減らしつつ、セキュリティチェックを受けてもらうことを目指すものである。
また、リスクに基づいて人員配置を割り当て、空港施設の最適化を支援するものである。
快適な空の旅
IATAは空港場面において旅客の快適な旅行を向上させるプロジェクトを幾つも実施している。
ファストトラベルは、進化する技術に航空業界標準手順を導入し旅客がさまざまな選択ができるようにするプロジェクトである。
New Distribution Capability (NDC) は、航空会社のウェブサイト経由で出来るような航空券や付帯サービスの購入が他の購入方法でも同じように出来るようにするプロジェクトである。
環境
IATA加盟航空会社と業界関係者は3つの関連する目標に合意した。
注目の情報

ページ(1/7)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「アイアタ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio