アイアイ (童謡)の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>アイアイ (童謡)>アイアイ (童謡)の1ページ目

アイアイ (童謡)とは?



ウィキペディア
アイアイ」は1962年発表の相田裕美作詞・宇野誠一郎作曲の童謡マダガスカルに生息する原猿アイアイについて歌った歌である。
歌詞ではアイアイが、南の島に生息する丸い目と長い尻尾を持った樹上性の猿であることが説明されている。
しかし、中指が非常に長いことや、大きな耳や指を庇いながらの特徴的な歩き方などアイアイの独特で特徴的な点についてはあまり言及されていない。
エピソード
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年4月)

作詞者の相田裕美は、可愛い動物の歌を頼まれた際にアイアイという猿がいることを知り、名前が可愛いため、図鑑で見た特徴をそのまま歌詞とした。
彼女はこの動物がマダガスカルでは「悪魔の使い」として気味悪がられていることや、アイアイの名前が現地人がこの動物を見て上げた驚きの声に由来することを知らなかった。
そのため、現地においてもその不気味さから不吉な動物として忌み嫌われているアイアイが、遠く離れた日本では明るい曲調の童謡で親しまれることとなった。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「アイアイ (童謡)」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio