アアルト大学の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>アアルト大学>アアルト大学の1ページ目

アアルト大学とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
アールト大学英語: Aalto University, フィンランド語: Aalto-yliopisto, スウェーデン語: Aalto-universitetet) は、フィンランドのヘルシンキに大部分の拠点を持つ大学。
フィンランドにあった3つの大学が合併して出来た。
もともとの大学名はそれぞれ、ヘルシンキ工科大学(1849年創立)、ヘルシンキ経済大学(1904年創立)、ヘルシンキ美術大学(1871年創立)である。
科学、ビジネス、美術の各コミュニティが密接に連携することで、学際的な教育と研究を実現しようとしている。
2010年、フィンランド政府はイノベーションを基礎に置く大学を創る取り組みに着手し、3つの大学を1つにまとめあげた。
イノベーションを引き起こすフィンランドの大学として、モデルの役割を担わせようとしたのである[4]
アールト大学は6つの学部からなり、19,000人の学生と5,000人の教職員から構成されている。
規模としてはフィンランドで3番目に大きな大学である。
6つの学部はどれも各領域で高い評価を得ている。
メインキャンパスはエスポーのオタニエミにあり、工学部はここに設けられている。
ヘルシンキには2つの学部があり、それぞれ、ビジネス学部がトーロに、美術・デザイン・建築学部がアラビアンランタに位置する(美術・デザイン・建築学部は、2016年にオタニエミに移転予定)。
加えて、ヘルシンキの外のミッケリ、ポリ、ヴァーサにもいくつかのユニットがある。
アールト大学は、フィンランド政府による新たな高等教育の公開実験の場でもある。
アールト・デザイン・ファクトリー、AppCampus、ADD LAB、アールト・ベンチャー・プログラムは、大学の使命である学際的な学習へのラディカルな移行を後押ししており、ヘルシンキをスタートアップ企業の中心地として盛り上げるための重要な貢献を果たしてきた。
Aaltoes(Aalto Entrepreneurship Society、アールト起業家協会)は、学生により運営されるヨーロッパ最大の起業家コミュニティであり、スタートアップとしてサウナ促進プログラムを組織し、2010年以降に3,600万米ドル以上のファンドを集めた。
大学名はフィンランドの著名な建築家・デザイナーであるアルヴァ・アールトにちなんでいる。
彼は、かつてのヘルシンキ工科大学の卒業生であり、メインキャンパスであるオタニエミキャンパスの大部分のデザインも手がけた。

目次

 1 沿革
 1.1 ヘルシンキ工科大学
 1.2 ヘルシンキ経済大学
 1.3 ヘルシンキ美術大学
 2 運営組織・構成
 2.1 ガバナンス体制
 2.2 学部
 2.3 その他ユニット・研究所
 3 キャンパス
 3.1 オタニエミ(メインキャンパス)
 4 研究体制
 4.1 学科
 4.1.1 美術・デザイン・建築学部
 5 著名な卒業生
 6 脚注
 7 外部リンク

ウィキペディア目次へ
沿革

2004年、フィンランド金融省のアンネ・ブルニラが主導するワークグループは、次のように結論づけた。
つまり、フィンランドには大学やその他の高等教育機関が多すぎるので、整理・統合すべきであると。
この決定を受け、当時ヘルシンキ美術大学の学長であったユルヨ・ソタマーは、2005年の学長就任演説にて、既存の大学を合併し、アアルト大学を創設するという提案を行った。
そうすれば、ユニークかつ学際的な大学が誕生し、革新的な考えを生み出すことができるようになるとソタマーは考えたのである。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/15)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「アアルト大学」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio