ああ上野駅の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ああ上野駅>ああ上野駅の1ページ目

ああ上野駅とは?



ウィキペディア
あゝ上野駅」(ああうえのえき)は、1964年昭和39年)5月に発表された日本ポピュラーソング演歌)。
あるいは同曲を収録したシングル
作詞関口義明作曲・荒井英一、歌唱井沢八郎
オリジナルモノラル音源シングル盤のレコード番号はTR-1053。
以後TP-2022でステレオ盤として再発売、1976年(昭和51年)に、600円に価格改定とともにTP-10125と改番、1985年(昭和60年)には、装いも新たに「祝・東北上越新幹線上野駅開業記念」として\700盤TP-17687が発売された(片面は男船)。
目次
概要

関口義明[1]は、上野駅で見かけた集団就職の少年たちを題材に[2]詞を書き、農家向け家庭雑誌『家の光』の懸賞に応募、1位入選を果たした。
これを見た東芝レコードの近藤秀男によりレコード化され、当時ほぼ無名の若手歌手だった井沢八郎が歌った。
1位入選作は大物歌手によってレコード化されるという触れ込みであったため、関口は落胆したが[3]、歌手を志して青森県から単身上京した井沢自身の人生も重なり、発売後まもなく「金の卵」と呼ばれた集団就職者などから支持と共感を得て、高度成長期の世相を描いた代表的ヒット曲となった。
いわゆる団塊の世代を中心に「心の応援歌」として多くの人々に勇気と感動を与えた楽曲であり、井沢の代表曲との呼び声も高い。
オリジナルの音源はモノラルで、オリジナル版発売当初は途中の台詞は吹き込まれていなかったが、井沢八郎がテレビ歌番組に出演中に父が亡くなったことを知らされ、井沢本人曰く「間奏の途中で即興で、アドリブで入れちゃった」台詞が反響を呼んだために、後に台詞入り版をレコーディングして改めて発売したという[4]
以後疑似ステレオ化され、B面曲を同じく井沢のヒット曲である「北海の満月」に差し替えた『ベスト・カップル・シリーズ ああ上野駅/北海の満月』として再発されている。
1985年テイチクレコードから発売されたシングル「あゝ青森」(RE-683)B面に、ニューバージョンが収録されている。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/5)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ああ上野駅」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio